母の日と父の日をまとめても良い?プレゼントやメッセージは?

母の日

5月に母の日、6月には父の日があります。

母の日と父の日、何をしようかと2回も悩むのも大変ですよね。

2ヶ月にわけて両親を交互にお祝いするよりも、母の日・父の日をまとめてお祝いするのはどうなのでしょうか。

まとめてお祝いする事で、メリットも色々ありますので紹介します。

スポンサーリンク

母の日と父の日まとめてお祝い

母の日と父の日まとめてお祝いしていいの?

そもそも、母の日と父の日をまとめてお祝いしていいのか。

問題ありません。

もともと母の日と父の日はアメリカの行事です。それが日本に入ってきました。

日本では、母の日は一般的にも普及したようですが、父の日はあまり普及せず、1980年代にデパートの販戦略として父の日をイベント化して復旧していったようです。

特別この日にしないといけないものと言う物でもありませんので、母の日と父の日をまとめてお祝いする事は問題無いでしょう。

母の日と父の日をまとめてお祝いするならいつ?

母の日と父の日、一緒にお祝いするならいつがいいのか、

母の日にお祝いしましょう。

お祝い事やイベントは遅れるよりも、先にしたほうがいいです。後からするのってちょっと盛り上がりに欠けちゃいます。

それに、うっかり母の日を忘れても、父の日にまとめてお祝いする事が出来ますので、保険にもなりますよ。

母の日父の日まとめてするメリット

お祝いをまとめてする事で、手間が省けます。

プレゼントを選ぶ、買いに行く、実家に持っていく、など結構時間がかかりますよね。

両親への感謝に手間なんて、、と言う声も聞こえそうですが、やはり準備には時間や労力が必要。

スポンサーリンク

それに、お祝いをまとめてする事で、感謝の気持ちが減るわけではありませんので気にする事は無いでしょう。その分しっかりと感謝を伝えればいいのです。

父の日(母の日)を忘れない。

私にあったのが、母の日はするけど、父の日は忘れるという事です。

母の日って周りが騒がしくて忘れないんですけど、父の日って気が付くと過ぎちゃってるんですよね。(私だけか?)

そんな事も無いように、母の日と父の日を一緒にお祝いする事で、お父さんに寂しい思いをさせずにすみます。

母の日と父の日のプレゼントを一緒にするなら。

父の日と母の日を同時にする事ならではのプレゼントを送りましょう。

ペアグッズ

ペアグッズでおすすめの物は食器類です。

お箸・お茶碗・湯のみ・コップなど、毎年1種類ずつプレゼントしていくのはおすすめです。

毎日使うものなので、貰ったのに使わなかった、などという事もないです。

旅行

両親一緒にお祝いするのですから、両親2人で旅行に行ってもらうのもいいです。

日帰りの温泉旅行でも良いと思います。子供からの旅行のプレゼントは、お父さんもお母さんもきっと喜んでくれるでしょう。

母の日、父の日にメッセージを送るなら。

プレゼントだけでもいいのでしょうが、ちょっとしたメッセージを送るのもおすすめです。

手紙などで感謝の気持ちを送るのも良いのですが、ちょっと恥ずかしいと言う方には、

名前ポエム をおすすめします。

名前ポエムは販売もしていますので、作ってもらうのも良いと思いますが、手作りした物を送るのもおすすめです。

両親の名前であいうえお作文を作る感じですね。

私も作った事がありますが、色紙に筆ペンで書いて、色鉛筆で色や絵を描いて渡しました。

名前ポエム あ行 などで検索すると、例文など出てきますよ。

まとめ

母の日と父の日は、両親への感謝を表す良い機会です。

一緒にお祝いする事でのメリットを活かして、楽しいお祝いにしましょうね。

紹介した内容が参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
やま

基本インドア派のサラリーマンブロガーやまです。
嫁と子供2人(女の子と男の子)の4人家族。
ワンピースのフィギュアコレクションは200体超え。
なにか将来まで形に残ることをしたいと考え雑記ブログを始める。
家族が疑問に思ったこと調べたり、自分の体験談などブログにして紹介しています。

やまをフォローする
母の日 父の日
やまをフォローする
ROロログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました