墓参りで花を長持ちさせる方法とおすすめの花

お墓参り

お墓参りの時に花を飾りますが、そのまま飾るだけでは花が長持ちしません。

せっかくご先祖様に送る花。

すぐに枯らすのは嫌。

少しでも長持ちさせたいですよね。

そこで、お花を長持ちさせるコツや長持ちしやすい花を紹介します。

スポンサーリンク

墓参りで花を長持ちさせる方法

お花が痛みやすい理由は、水の中に繁殖するバクテリアが原因。

バクテリアが花の茎につまって、水を吸い上げにくくしてしまうんです。

理想は毎日の水の取替えですが、毎日お墓に通うなんて無理ですよね。

水中のバクテリアが原因なら、バクテリアの繁殖を抑えれば言い訳です。

バクテリアの繁殖を抑える方法ですが、漂白剤や台所洗剤を入れる方法があります。

花瓶に1~2滴程度の少量で良いです。

入れすぎると、逆に枯れてしまいますので要注意。

洗剤よりも私のおすすめは、花瓶に10円玉を入れる。

10円玉は銅で出来てます。

銅から発生する銅イオンには、殺菌類を死滅させる性質があります。

スポンサーリンク

銅イオンの殺菌効果により、水中でのバクテリアの発生を押さえる事が出来ます。

銅を入れておくだけでいいのが楽でいいですよね。

枚数は3~4枚入れておけばいいです。

銅版や銅のインゴットなど入れてもいいんですが、10円玉が一番安上がりだと思います。

10円玉の交換時期は1年ほどで取替えをしましょう。

おすすめの花

お墓にお供えする花で、長持ちするおすすめの花はです。

お墓参りで花といえば、菊ってありきたりですが、菊の花は丈夫で長持ちします。

そして、1年中手に入りやすいですし、邪気を払うとされています。

菊がよく飾られている意味はちゃんとあるんですね。

造花もおすすめ

長持ちするお花という意味では、1番長持ちするのが造花です。

造花ですので、枯れることはないです。

枯れた花や葉っぱで汚れることが無いのも良いところです。

お墓参りで、生花じゃなくて良いの?と思う人もいるでしょうが、造花でも問題はないんですよ。

私は、年に1度しかお墓参りに行かないので、毎年造花を新しい物に取り替えるようにしています。

やっぱり生花を飾るほうが良いような気もしますが、お墓の近くに住んでいる訳ではないので、枯れた花をそのままにしておく事の方が嫌なので造花にしました。

造花もすごくきれいな物が多いので、生花とくらべても見劣りすることは無いですよ。

最後に

せかっくお墓に飾る花。

少しでも長持ちしてほしいです。

ちょっとした工夫で、花の寿命は変わりますので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
やま

基本インドア派のサラリーマンブロガーやまです。
嫁と子供2人(女の子と男の子)の4人家族。
ワンピースのフィギュアコレクションは200体超え。
なにか将来まで形に残ることをしたいと考え雑記ブログを始める。
家族が疑問に思ったこと調べたり、自分の体験談などブログにして紹介しています。

やまをフォローする
お墓参り
やまをフォローする
ROロログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました