敬老の日に喜ばれたプレゼントを紹介します。

敬老の日

敬老の日のプレゼント、食べ物以外でなにか良い贈り物はないかな?

敬老の日のプレゼント。

何をあげるか迷いますよね。

お酒やスイーツなど定番の物は何度も送っているので、たまには違うプレゼントを贈りたいと言う方。

以前、私が敬老の日に両親にプレゼントして喜んでもらえた贈り物があります。

数年前に送ったのですが、もちろん今でも使ってもらえています。

そこで、私が敬老の日に贈ったプレゼントを紹介します。

スポンサーリンク

敬老の日に実際に贈ったプレゼント紹介。

私が両親にプレゼントして喜ばれた物は、『デジタルフォトフレーム』です。

最近撮影している写真って、デジタルカメラや、スマートフォン、携帯電話で撮影した物ばかりなので、中々現像したりしません。

なので、部屋に写真を飾れるようにしてあげたいなと考えました。

スポンサーリンク

しかし、子供(孫)の写真のデータは小さい時からの物を数えれば、何百枚とあります。

写真を贈るなら、いくつかピックアップして渡すより、今ある分ごっそりと渡したほうが面白いかなと考えました。

私の両親はパソコンを持っていないし、使えないので、画像のデータだけ渡しても見れません。

そこで、思いついたのがデジタルフォトフレームでした。

デジタルフォトフレームなら、スライドショーにしておけば、色々な写真を飾ることが出来るので、大量の写真を入れておけば、ふとした時に様々な写真が見れるのが良いなと。

パソコンなど、機械おんちの両親が触らなくても写真が見れる。

この様な所が、私がデジタルフォトフレームを選んだ理由です。

プレゼントする時のアイディア

私がデジタルフォトフレームを両親にプレゼントする時にしたことは、

遠方に住んでいる兄家族の写真も入れて贈る事です。

私の兄は遠方に住んでいて、実家に帰ることが少ないです。

なので、兄に頼んで、家族写真や姪っ子の写真をラインで送ってもらい、デジタルフォトフレームに私の家族写真と一緒に入れました。

実際にプレゼントした時は、兄家族の写真が入っているのを見て、びっくりしながらもとても喜んでもらえました。

遠くに住んでいる家族や親戚の写真も、データで簡単に手に入り飾れるところもオススメです。

デメリット

デジタルフォトフレームのデメリットとして、私が感じた事は、

パソコンなど、最近の機械が使えない両親の代わりに、すべてしてあげないといけなかった事です。

プレゼントする時は、もちろん私が写真のデータを入れて贈りますが、追加で新しい写真を入れることが両親には出来ません。

そして、最初の2~3ヶ月は、実家に行くたびに、「写真が見れなくなった、写真が変わらない」など、よく分からずに触って設定を変えたりしていました。

なので、機械音痴の両親の場合は、こちらで操作してあげないといけない所はデメリットかなと思います。

私の場合は、設定しなおしたり、写真を追加したりしてあげると、ガソリン代といってお小遣いをもらえるので(40前にもなって)喜んでしてます。

最後に

遠方に住んでいる家族、親戚の写真など、かなり喜んでもらえます。

ふとした時に目に入る家族の写真はとても良いものだと思いますので、デジタルフォトフレームはおすすめ出来るプレゼントです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
やま

基本インドア派のサラリーマンブロガーやまです。
嫁と子供2人(女の子と男の子)の4人家族。
ワンピースのフィギュアコレクションは200体超え。
なにか将来まで形に残ることをしたいと考え雑記ブログを始める。
家族が疑問に思ったこと調べたり、自分の体験談などブログにして紹介しています。

やまをフォローする
敬老の日
やまをフォローする
ROロログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました