母の日は義母にも現金を渡しました。袋や渡し方も紹介します。

母の日

母の日のプレゼント。何を渡そうか悩みますが、選択肢の中の一つ『現金』。

しかし、現金を渡すだけっていいのかな、と心配する方も多いようです。

わたし達夫婦は実際に、義母実母両方へ母の日に現金を贈りましたので、渡した時の状況や現金を入れた袋など、ご紹介します。

スポンサーリンク

母の日は義母にも現金を贈りました。

母の日のプレゼントですが、先日嫁さんに

「母の日だけど、私のお母さんにはお金を贈るから。義母さんも現金でいいよね。」

と言われました。

世の中では、『義母へのプレゼントは気を使うから、選ぶのが大変!』なんて声を良く聞くのに、こんなにあっさりと現金で行こうと決めた嫁さん。かっこいいなと。

私も男らしく、「いいんじゃない。」

男ってこういう行事は適当な人多いですよね。

現金を渡す時は、封筒に入れて(さすがに裸で渡すのはちょっとね)渡す相手はお互いの実母に渡すようにしました。

私の母は、嫁さんから現金のプレゼントを渡しても気にするタイプでは無いですが、多少なり嫁さんが気にするだろうと思って、お互いの実母に渡すことにしました。

中には「どうしても私が義母に渡さないといけないんだよー」という方にアドバイス。お金の封筒を渡す時に、

「私が選んだ物より、お母さんがほしい物を買って貰えたらと思って、少ないですがいつもありがとうございます」と、自分を下げつつ渡す方法や、

「少ないですが良かったら、お父さんと美味しい物でも食べてください。」と、お父さんを巻き込むなどの方法がありますので参考に。

スポンサーリンク

贈る金額は5000円にしました。3000円くらいじゃちょっと少ないかなと思い5000円に。

物のプレゼントだったら、3000円くらいの商品が沢山あるから、物をプレゼントするほうが安く済むかもしれませんね。

実際、現金を渡した時の両親の反応は、「何か美味しい物でも食べに行って来るね」と喜んでいました。

現金が良い、物が良かったとかではなく、母の日に会いに行って会話をして、と言う事に喜んで貰っているんだと感じました。

なので、母の日のプレゼントに現金を渡すことは全然有りです。

母の日に贈る現金を入れる袋に決まりは有るの?

母の日に現金を贈る時の入れ物ですが、私のおすすめは100均のぽち袋です。

100均のぽち袋って種類も多くデザインも良いので、かなりおすすめ。

ぽち袋の真ん中に、『いつもありがとう』などの言葉を書けば、立派な贈り物になりますよ。

「いや、やっぱりご祝儀袋がいいんじゃないの」って思う方もいるかと。

ですが、お祝い事ではないので、あまり豪華な祝儀袋のほうが違和感を感じるかも知れないです。母の日おめでとう!って訳ではないですからね。

ただし悪い訳ではないので、もしご祝儀袋で渡すのであれば、書く文字を『御祝・寿』などでは無く、『感謝・ありがとう』などのほうが母の日らしくていいでしょう。

母の日に現金の渡し方。もう一工夫。

私が母の日に、現金を渡した時にちょっと思ったことは、

「現金だけじゃ母の日っぽくなかったな」と。

なので次回からは、カーネーションを添えて渡そうと思います。

一輪だけでも母の日っぽさが出るので、皆さんが渡す時も一緒に『1輪のカーネーション』はどうでしょうか。

まとめ

母の日に現金を贈る時は、

現金はポチ袋に入れて、袋には感謝の言葉を書き、カーネーションと一緒に渡す。

というのが私のおすすめの方法です。

少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
やま

基本インドア派のサラリーマンブロガーやまです。
嫁と子供2人(女の子と男の子)の4人家族。
ワンピースのフィギュアコレクションは200体超え。
なにか将来まで形に残ることをしたいと考え雑記ブログを始める。
家族が疑問に思ったこと調べたり、自分の体験談などブログにして紹介しています。

やまをフォローする
母の日
やまをフォローする
ROロログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました