ハロウィンに会社のイベントで仮装しないといけない30代女性の注意点

ハロウィン

会社のイベントでハロウィンパーティに参加。若い人は派手な仮装でもいいけど、私のような30代の女性はどうすればいい?

近頃は会社のイベントでハロウィンパーティをするのが増えてきてます。

この様な会社のイベントでもない限り、なかなかハロウィンの仮装ってしませんよね。

なので、30代女性は、どの様なコスプレがいいのか、どの程度の仮装をしたら良いのかわかりません。

年齢を考えないコスプレで周りの同僚から白い目で見られたくないですしね。

そこで、会社イベントでの30代女性ハロウィンコスプレの注意点を紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンに会社の仮装パーティーに参加する際の注意点

会社主催のハロウィンパーティでの注意点ですが、あまり仮装に本気になりすぎない事をオススメします。

やはり、ビジネス関係でするイベントなので、友人とする様な仮装ではやり過ぎ感が出てしまいます。

会社でのハロウィンパーティーでの注意点は、

スポンサーリンク
  • ハロウィンメイクで出社しない。
  • ゾンビメイクで血のりをつけ過ぎない。
  • 肌の露出を控える。

ハロウィンメイクで出社しない。

ハロウィンメイクで出社しないと言うのは、血のりを付けて出社しない!という事ではなく、ハロウィンパーティー用にいつもと違うメイクをしないという事です。

周りから見ると、「勤務中からハロウィンの事を考えている」と思われてしまうので、ハロウィン用のメイクは勤務時間が終わってからしましょう。

ゾンビメイクで血のりをつけ過ぎない。

ゾンビメイクの場合、血のりを良く使いますが、会社のハロウィンパーティーではワンポイント程度にしましょう。

リアルな傷メイクや大量の血のりは、上司や年配の方に引かれる可能性もありますし、友達とのハロウィンパーティーじゃないので、そんなに気合入れる必要はないです。

肌の露出を控える。

あくまでビジネス環境の延長線のイベントです。

普通に節度をもって考えればわかることですね。

おじさんからはいやらしい目で、同性からは白い目で見られる、そんなのはいやですよね。

過度に肌を露出するような格好はやめておきましょう。

30代女性のハロウィンでの注意点

ハロウィンの仮装で30代女性が注意すべきポイントを紹介します。

かわいすぎるコスプレ

30代女性のかわいいを全面に出したコスプレはNGです。

周りの人の目は、似合う似合わないではなく年齢を見ます。

フリルが付いたかわいいお姫様のコスプレになどすれば、

「うわー、頑張ってるなー」

と、冷めた目で見られるのが落ちです。

私の職場にも30代の綺麗な方がいますが、あるとき髪型をツインテールにしているのを見た時にも、「あー、やっぱり年相応って大切だなー」と思いました。

なので、30代女性はかわいい仮装はやめておきましょう。

セクシーコスプレ

会社のコスプレ注意点でも書きましたが、露出の高いコスプレはNGです。

30代は女性の魅力としてはまだまだ問題ありません。

ですが、さすがに良い大人が胸の谷間を強調したり、下着が見えそうなミニスカートをはくのは違います。

まだまだいけるでしょ!と、胸の谷間が見える衣装を着ても、周りの女性から白い目で見られる、なんてことになるのは目に見えてます。

なので、露出が高い仮装はやめましょう。

まとめ

会社でのハロウィンイベントなのであまり気合をいれづに、少し手を抜いているくらいがちょうど良いと思います。

上で書いたポイントを押さえながら、ハロウィンを楽しむ仮装にしましょう。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
やま

基本インドア派のサラリーマンブロガーやまです。
嫁と子供2人(女の子と男の子)の4人家族。
ワンピースのフィギュアコレクションは200体超え。
なにか将来まで形に残ることをしたいと考え雑記ブログを始める。
家族が疑問に思ったこと調べたり、自分の体験談などブログにして紹介しています。

やまをフォローする
ハロウィン
やまをフォローする
ROロログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました