フィギュアがベタベタしている時の洗い方を紹介します。

フィギュア

この前、フィギュアの誇りを取る為に、掃除をしていたら、ベタつく感覚が。

なんとフィギュアがベタベタしているじゃないですか。

なんじゃこりゃと思いながらも、下手に触ると色が取れたり、汚れがひどくなるかもと考え、とりあえず触らないようにしたんですが、、、

しかし、そのままにしておくわけにもいかないので、対処法を調べると、べた付きを無くす方法があるじゃないですか!

実際にその方法を試してみましたので紹介します。

ベタ付きを取る方法

まず、ベタベタしている原因は、フィギュアの素材のPVCに含まれている『可塑剤(かそざい)』と言うものが原因だそうです。

そして、この可塑剤は時間が経つと素材の中から表面に出てきます。その時に換気が悪かったりすると、蒸発せずにフィギュアの表面に残ってしまいます。

この表面に残った可塑剤がベタベタの原因なので、可塑剤を洗い流せばいいみたいです。

可塑剤を洗う方法は、中性洗剤、重曹を使って洗うようです。

[su_note note_color=”#ffffa6″]中性洗剤は、水で台所用洗剤を薄めて、その中で指や柔らかい筆などで洗う、その際10分~20分ほど漬け置くといいそうです。

温水は使用しないほうがいいようです。温水を使用すると、可塑剤が出やすくなってしまうようです。

重曹も、水に重曹を入れます。重曹の量は2Lに大さじ2杯。

その水の中に半日ほど漬け置きすると、ベタベタした汚れが浮いてくるので、その汚れを取るときれいになるようです。
[/su_note]

ぬるま湯がいいと言う情報が多いですが、フィギュアは温度が高いところに保存するとベタ付き易くなるようなので、温水を使用してフィギュアをわざわざ暖めるのは良くなさそうです。

実際にベタ付きを取ってみた。

家に重曹が無かったので、中性洗剤を使ってベタ付が取れるか試してみました。

台所洗剤はだいたいどこの家にもあるので、お手軽です。

このクロコダイルの腕の金色の所だけベタベタしていて、金色の塗料も色移りするような状態。

スポンサーリンク

まず、台所洗剤を水を薄めて20分ほど漬け置きしました。

その後、水の中で洗ってから流してみたのですが、なんかいまいち取れていないような気が。

ここは思い切って原液で洗ってみよう!!と、原液で洗ってみた結果、この方がベタ付きが取れました。

ひょっとしたらもっと長い時間漬けて置けば良かったのかも知れませんが、直接原液を使って手で洗ったほうが早そうですね。

洗ったあとは、きれいな水で洗剤を流します。

 

濡れたフィギュアはタオルで押さえるように水を取ります。こすると塗装がはげたり、キズがつく可能性がありますので気をつけましょう。

あとは、自然乾燥させれば完了です。

しっかり乾燥させたあとに触ってみましたが、きれいに取れていましたよ。金色も鈍い色をしてましたが、きれいな金色になりました。ピカピカ。

まとめ

今回は中性洗剤でベタ付きを洗いました。

私の場合は、水で薄めるよりも直接原液で洗うほうが、きれいに落ちました。

ベタベタしている状態が軽い時は中性洗剤でいいと思います。

状態が酷い場合は、重曹か中性洗剤で長時間漬け置きするのがよさそうです。

時間が経つと可塑剤でまたベタ付く可能性があるので、定期的に掃除をするようにしたほうがよさそうですね。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
やま

基本インドア派のサラリーマンブロガーやまです。
嫁と子供2人(女の子と男の子)の4人家族。
ワンピースのフィギュアコレクションは200体超え。
なにか将来まで形に残ることをしたいと考え雑記ブログを始める。
家族が疑問に思ったこと調べたり、自分の体験談などブログにして紹介しています。

やまをフォローする
フィギュア
やまをフォローする
ROロログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました