お中元1回だけは○○贈り物する時の熨斗の書き方や挨拶の例文紹介

お中元

最近お世話になった人に菓子折りを送ろうと思うんだけど、この時期だとお中元として送ったら良いのかな?

1回だけのお中元と考えているなら、まって下さい!

お中元は、日ごろお世話になっている人に感謝を込めた贈り物です。

ですが、お中元にも様々なマナーがあります。

今回は感謝やお礼の気持ちを贈るときのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

お中元を1回だけ贈るのはアリ?

結論から言うと、お中元として1回だけ贈り物をするのはだめです。

お中元は1度送ったら毎年継続するのがマナーです。

さらに、お中元を贈った場合、お歳暮も贈るのがマナーとされています。

そのため、選択肢としては、

  1. お中元とお歳暮を毎年贈る。
  2. お歳暮を毎年贈る。

お中元だけ、というのはマナーとしてはありませんので、どちらか1つとなると、お歳暮を贈るほうが良いとされます。

うーん。ちょっとした感謝の気持ちで贈りたいと思っただけなんだけどな。今後継続するかはわからないから、なにで贈ると失礼にならないの?

そのような時は、【お礼】として贈るのがおすすめです。

お中元などの時期にもとらわれませんし、定期的に贈るものでもありません。

今の感謝の気持ちを【お礼】として贈れば良いです。

贈り物をする時の熨斗の書き方

お礼として贈り物をする場合の熨斗(のし)の書き方を紹介します。

まず、熨斗紙の選び方です。

水引

熨斗紙の真ん中に紐の絵が描いてあります。あれが水引です。

水引の種類は

蝶結び=すぐにほどけて、何度でも結び直せる、という意味があるので、祝事・出産祝い・お礼などに使用されます。

スポンサーリンク

結びきり=一度結んだらほどけない、という意味があるので、主に結婚祝に使用されます。

なので、今回はお礼が目的ですので、『蝶結び』の水引を使用します。

表書き・名前 見本

表書き

表書きとは、熨斗紙の水引の上側に書く、送る目的の事です。

今回は【御礼】で良いです。

注意点として、文字が水引にかからない様に、熨斗紙の真ん中(水引の結び目の真上)に縦に真っ直ぐ書く事です。

名前

名前は、熨斗紙の水引の下側に書きます。

注意点として、名前は贈る相手ではなく、贈り主(あなた)の名前を書きます。間違えないように!

あと、文字が水引にかからない様に、熨斗紙の真ん中(水引の結び目の真下)に縦に真っ直ぐ書き、表書きの文字より少し小さくなるように書きましょう。

贈り物をする時の挨拶の例文

贈り物をする時に、一言添えると、もっと相手に気持ちが伝わりますし、受け取った方も、さらに喜んでもらえます。

一筆箋(いっぴつせん)に簡単でいいので、手書きで書かれるのがオススメです。

書き方のコツは、

  1. 書き出し(簡単な挨拶)
  2. 本文(用件)
  3. 結び

で構成します。

書き出しの例として、

  • いかがおすごしでしょうか。
  • いつもありがとうございます。
  • すっかりご無沙汰してしてしまい、申し訳ありません。
  • いつもお世話になっております。

他にも、季節ごとのあいさつも良いですね。

  • 大変暑くなり、いよいよ夏本番ですが、いかがおすごしでしょうか。

本文は目的・用件を伝えます。内容がわかりづらくならないように、簡素にのべましょう。

結びは、プライベートでは相手の健康や幸せを、ビジネスシーンでは、繁栄や活躍など祈る気持ちを込めて書きます。

結びの例

プライベート

  • ご自愛のほどお祈りしております。
  • ご多幸をお祈り申し上げます。
  • またお会いできる日を楽しみにしております。

ビジネスシーン

  • 一層のご活躍を祈念いたしております。
  • ますますのご発展をお祈り申し上げます。
  • 今後ともよろしくお願い致します。

まとめ

今回は御礼としておくることにします。ありがとう。

1度だけ贈り物をするなら、お中元やお歳暮はさけて、【御礼】として送る。

のし紙は、水引は蝶結び、表書きに御礼、名前は相手ではなく贈り主(自分)の名前。

贈り物に一言でも感謝の言葉を書いて渡すとなお良い。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
やま

基本インドア派のサラリーマンブロガーやまです。
嫁と子供2人(女の子と男の子)の4人家族。
ワンピースのフィギュアコレクションは200体超え。
なにか将来まで形に残ることをしたいと考え雑記ブログを始める。
家族が疑問に思ったこと調べたり、自分の体験談などブログにして紹介しています。

やまをフォローする
お中元
やまをフォローする
ROロログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました