浴衣のサイズの選び方男性編。身長や袖の長さは?

浴衣

夏には花火大会にお祭り、イベントがたくさんあります。

夏を楽しむ方法は色々あります。花火に屋台に浴衣。

でも、浴衣って持ってないんですよ。

男の浴衣ってちょっと憧れます。

浴衣買ってみようかな、と思ったけど浴衣のサイズってどう見たら良いのかわからないですよね。

なので、浴衣を買う時のサイズはどこを見れば良いのか紹介します。

スポンサーリンク

浴衣のサイズの選び方。男性用はどう選ぶのか

通販などで販売している浴衣のサイズは、SS・S・M・L・LL・3L・4L~で表示されていることが多いです。

そして、このサイズごとに、身丈(みたけ)・袖丈(そでたけ)・裄丈(ゆきたけ)の寸法が変わります。

浴衣はぴったりのサイズを着ないといけないと言うわけではありません。

手首足首にちょうどあわせるのも良いでしょうし、少し短めでも涼しく見えて良いです。

自分に似合う物、似合うように、購入する前にどんなのが良いのか考えるのも楽しいです。

浴衣 選び方 身長

浴衣の身丈は身長から-28~30cmが目安です。

スポンサーリンク

痩せ型の人はワンサイズ小さめ、ウエストが太い方は大きめを選ぶのがいいです。

身丈は浴衣の首の位置からの縦の長さになります。

なので身長から頭の分引いた位の長さを選びます。

そして体型によって足元の見え方が変わってきます。

痩せている方だと長くなりますし、大柄の方だと短くなります。

そのため、体型で大きめか小さめを選びます。

ですが、長い分には帯の所で折り曲げる事で、多少の調整が出来ます。

短い場合は調整できませんが、少しすねが見えるくらいでも涼しく見えるので、着こなしとして悪くないので、ここら辺は好みの問題になってきます。

多少の長い短いも楽しめる所が浴衣の良いところです。

浴衣 男 袖の長さ

袖の長さは袖丈(そでたけ)ではなく裄丈(ゆきたけ)になります。

袖丈は腕の下の袋になる部分の長さで、裄丈が背中の中心から袖の先までの長さです。

既製品の浴衣を購入する場合は、身丈をメインに考えて購入したほうが良いです。

裄丈の長さも好みで分かれますが、手首くらいがちょうど良い長さと言われてますが、手首から10cmほど短くてもスッキリ見えるので良いですよ。

まとめ

基本は手首と足首くらいの長さがちょうどです。

身丈は身長から-28~30cm が目安。

既製品を買うなら裄丈より身丈をメインに考える。

基本は上に書いた事を目安に、そこに自分なりの着こなしを入れていく事が浴衣の楽しみ方ですので、ちょうど良いサイズがない!と考えるより、どう着こなすか考えるのが良いですよ。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
やま

基本インドア派のサラリーマンブロガーやまです。
嫁と子供2人(女の子と男の子)の4人家族。
ワンピースのフィギュアコレクションは200体超え。
なにか将来まで形に残ることをしたいと考え雑記ブログを始める。
家族が疑問に思ったこと調べたり、自分の体験談などブログにして紹介しています。

やまをフォローする
浴衣
やまをフォローする
ROロログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました